創業20周年 夏とく得キャンペーン
2018.8.10まで

低分子水溶性キトサン摂取に際しての好転反応

瞑眩(めんげん)について

瞑眩(めんげん)とは、血流が改善され、体内の毒(老廃物や、体内で不要になったホルモンや胆汁酸など、また体内に入ってきた化学物質〈農薬、食品添加物、重金属、薬など〉)を排出する際に起こる反応として、「毒出し反応」あるいは「好転反応」と言い換えられる症状です。

キトサンによって排出される体内の毒は、便や尿として、また皮膚や粘膜などからも排泄されていきます。瞑眩が起こるには、血流がよくなって毒を出せる体になる必要があります。

しかし、瞑眩が起こると、血液中に放出された体内の毒を肝臓で処理しきれない場合、さまざまな不調が起こってきます。また、瞑眩の際には、皮膚からも毒が排泄され、一時的に痒みや湿疹が現れることがあります。

排泄能力が高まり、毒を排泄できる体になり、毒を排泄し始めたときに、瞑眩は起こります。逆に言えば、体温が高くなる、血流がよくなる、白血球の数やリンパ球の割合が増えるといった、その固体の本来あるべき状態に近づかないと、瞑眩は起こりません。

例えば、小動物がキトサンを内服した場合に見られる瞑眩には

  • 尿の色の変化、尿量の変化(老廃物が尿として排出されるため)
  • 便の色、量、硬さなどの変化(粘膜便が排泄されることもある)

また、その他にも

  • フケが出る、脱毛(皮膚の新陳代謝の促進)、目ヤニが出る。
    ⇒ フケや脱毛が治まったあとで発毛、毛質の変化、毛量の増量等が起こる。目ヤニは数日で消失に向かう。
  • 一時的に体臭が濃くなる ⇒ その後体臭が消失、又は薄くなる
  • 主訴となる症状が一過的にぶり返したかのように見える時がある。

以上のようなものがあり、飲用前にご理解頂き開始していただくようお願い致します。ご不安なことがあればご相談下さい。

(瞑眩(好転反応)についてご心配な場合はご相談担当にお問合せ、ご相談いただくか、事前に資料をご請求下さい)

目やにが多い。涙やけが気になる。 耳の汚れ・痒み・耳ダニ。 脱毛しているところがある。 椎間板ヘルニア 股関節形成不全 お尻を痒がる。下痢をしやすい。肛門膿。 歯茎の腫れ、口臭 ストレス 足を引きずる 膝がカクンカクンする ひじの痛み 腹部の湿疹・赤み・脱毛 手や足をしきりに舐める・噛む