HOME > お客様の声一覧 > お客様の声

『犬のきもち』(-2009年1月迄)でご紹介していた体験談集

関節症、老化や皮膚のお悩みで寄せられたいくつかをご紹介。

寺町ひとみ様(鹿児島県)

愛犬名

  • くるみ(11才)

    シーズー 体重:7.5kg 性別:メス

ご愛用商品

キト・ケア
天彌原液
ラクトクリン

ご使用前の状況

全身の痒み、フケ、皮膚の硬化 脱毛

くるみちゃん くるみちゃん くるみの体重は7.5Kgで11歳です。今、飲用させているのは、キトサン・天彌を飲用させています。我が家はわんちゃんが3頭おりますので、キトサンは1リットルの飲み水に対して、30CCくらいをを入れて飲ませています。また、天彌はくるみのみで一日に2ccほど与えています。
くるみの症状は生後4ヵ月ごろから、体の一部に赤みが出てきて、噛んだりかゆみがあ出てきました。良いと聞いた獣医さんはかたっぱし診ていただいたのですが、答えは「フードを変えてください」「シャンプーを変えて3日に1回は入浴させてください」など、アレルギーだからということだけで、いつも同じものでした。薬はもちろん、フード・シャンプーと病院のものを購入し使用してきましたが、3年前には頭から尻尾・脚の先まですべての皮膚が赤みをおびて、黒く変色し、ひび割れて血が吹き出す事態になりました。“抱っこしてー”とまとわりつくのですが、どこにも手をまわせず、タオルで包んでだっこしてあけらなければならないほどでした。しかも撫でることもできないのです。あのときは家族全員がたまらなく落ち込みました。そこで最後の望みでまた別の先生に診ていただいて初めて、くるみがアトピーで今まで使っていた薬が「ステロイド剤」であり、くるみには刺激が強すぎるシャンプーであると言うことを聞かされました。ショックでした。9年近くも、私たちは悪化させるようなことをしていたのです。それに、弱い皮膚を好むダニの存在も知りました。そこで、先生に「絶対キレイになりますよ」と言われ、フードとシャンプーを変えて、また薬も変えていただき、飲み薬のみで、ステロイド剤は使わずにかゆみとの戦いが始まったのです。くるみの年を考えて、どうしてもあとこれからの何年かをかゆみのない日々にしてあげようと思いたったのです。
そんなとき、雑誌で“キト・ケア”を紹介している記事を見つけました。そのころのくるみは手・脚・口や和室にあるこたつ等を使い、体全部を掻きまくっていたため、体中から血が吹き出し、毛がなくなって、ひび割れてましたので、家族で話し合い、とにかく使ってみようということになり、期待を込めて注文。三戸さんの涙が出るほどあたたかいメッセージを受け取り、少し希望が出てきたところで商品が届きました。
飲用は、キト・ケアと天彌でラクトクリンを体に吹き付けるようアドバイスをいただき、成分が副作用などがないことを確かめたうえで使いはじめました。そうすると、今までは熟睡する暇もなく声をだしながら掻きむしっていたのが、少しずつ眠っている時間ができてきました。また、体中から出ていた真っ白な“ふけ”のようなものがかなり少なくなりました。そして、皮膚全体の黒さが一時的に濃くなり、蛇の脱け殻に似たような皮膚のうす皮がぽろぽろ落ちるようになりました。そこでくるみが背中を掻くためにちょうどよい、こたつやいす等を直して、Tシャツで脚先と顔以外を覆う洋服を作って着せて、なるべく掻かせないようにしました。そして、かゆみとの戦いです。

くるみ 皮膚もやわらかく色も変わり、毛も生えてきました 皮膚もやわらかく色も変わり、毛も生えてきました 今愛用し始めて、1年がすぎました。くるみの体は象の皮膚のように9割りが黒褐色のまだら模様です。そして硬いものでしたが、なんと背中と頭の皮膚がに毛が生えてきました。観察していると、硬くて黒い皮膚がかなりの量の薄皮が活発に剥げることをくり返すと、とてもやわらかい皮膚になり、色も黒から灰色に変わってきて、そして毛が生えてきました。毎日、くるみの歩いたあとには多量の皮が落ちます。掃除機は一日7・8回はかけます。怒られるかもしれませんが、以前は、面倒な“フケ”でした。しかし今は、“皮膚の再生”を感じているので、量が多いほど改善に向かっていると、手応えを感じています。そして、『飼い主さんが諦めないでください』と言う、三戸さんのお言葉に今は励まされ、まったくその通りだと思いながら、せっかく女の子で生まれてきたんだから、キレイにしてあげたいと願ってすごしております。これからも宜しくお願いいたします。

藤川洋子様(愛知県)

愛犬名

  • リッキー(5才9ヶ月)

    ミニチュアダックスフンド 体重:8.3kg 性別:オス

ご愛用商品

グルコサミン350
キト・ケア
天彌原液

ご使用前の状況

椎間板ヘルニア(後足麻痺)、即入院
チェックリスト お友達ご紹介制度 グルコサミン350ご愛用犬種ランキング
  • 体験談は飼い主さま個人の感想のご紹介であり、製品の成果をお約束するものではありません。
  • ご紹介の製品は医薬品ではなく、健康食品、又は外用のお手入れ用製品となります。
このページのTOPへ
目やにが多い。涙やけが気になる。 耳の汚れ・痒み・耳ダニ。 脱毛しているところがある。 椎間板ヘルニア 股関節形成不全 お尻を痒がる。下痢をしやすい。肛門膿。 歯茎の腫れ、口臭 ストレス 足を引きずる 膝がカクンカクンする ひじの痛み 腹部の湿疹・赤み・脱毛 手や足をしきりに舐める・噛む