HOME > お客様の声一覧 > お客様の声

グルコサミントリプレットA 体験談(2013)

グルコサミントリプレットAの体験談をご紹介します。

小牟田 敦子様(滋賀県)

愛犬名

  • 遊(ゆう)(13歳1ヶ月)

    ラブラドールレトリーバー 体重:16kg 性別:オス

ご愛用商品

グルコサミントリプレットA

ご使用前の状況

激やせ、下痢、腰が立たない、吠える力がない、歩けない etc... すごく弱った様子

yu_photo01.jpg 今生のお別れかも、と思っていたトリプレットAを始めた頃 yu_photo02.jpg 起き上がる力も、吠える力もなく… yu_photo03.jpg 元気になった遊ちゃん、お散歩もできるように♪ 昨年末よりだんだんやせ始め、3月には、あばら骨が浮き出るほどになっていました。体重も、昨年 24Kg→今年 16Kgと、見た目も相当哀れを誘う様子で...
4月半ばには歩くのも覚束(おぼつか)なく、年令のこともあり、そろそろお迎えがくるかなぁ、と思っていました。

 彼は医者が苦手なので 検査・治療で嫌な思いをさせるのもかわいそうな気がして自然に任せようと・・・ただ、何もしないのもなんだか気がひけるので、たまたま教えてもらった“グルコサミン トリプレットA”を与え始めました。

 1日2錠ずつ与え始めて、10日目位から自力で立てるようになり、お腹の調子も、下すことなく散歩のたびに5〜6回出し、10分歩けばあとはサポーターで腰を支えなければ帰宅できなかったのが、ちゃんと帰れる様になりました。
 で、90粒入り 2瓶目に入ったこの頃は、散歩や餌を要求する鳴き声がうるさいほどに、30分歩いてもまだまだ余裕があり、お腹の調子も、ものすごく良く、よく消化された便を1〜2回と理想的な感じです。

いちばん驚いているのが足の褥瘡がきれいになったこと。
皮がめくれ、肉どころか骨まで見え、痛々しかったのが、嘘のようにきれいになりました。
毛並みも艶も良くなり、目ヤニで開けにくかった目もすっかり楽そうになって、“お母さん”である私は、本当にうれしいです。

笹島 明子様(埼玉県)

愛犬名

  • エミール(13才1ヶ月)

    ミニチュアダックスフンド 体重:8? 性別:オス

ご愛用商品

グルコサミントリプレットA・天彌エキス

ご使用前の状況

最初は突然前肢のつき方がおかしくなり(頚部椎間板ヘルニア?)、その後腰椎のヘルニアも発症、5年後の再発時は薬の副作用(下痢や食欲不振)で治療継続できない状況でした。 歯槽膿漏もあり。

emile-01.jpg emile-02.jpg emile-03.jpg エミールちゃん 最初は8才の時、愛犬エミールがいつもの様に散歩をして、突然前足の着き方がおかしくなり、あれ?と思いながらもそのままにしていましたら、寒くもないのに震えだし、極端に元気が無くなってしまいました。

慌ててライフパークさんに相談したところ、おそらくは頸椎のヘルニアだろうとの事でした。とにかく第一に安静にさせる様に指示していただき、グルコサミン350を1日10粒飲ませ、1ヶ月経たないうちに良くなりました。
しかしその後、ヤンチャな性格を抑えられず、イスからの飛び降りで今度は腰椎ヘルニアを発症。その時もグルコサミン350、1日10粒と天彌エキスの投与で前よりも早く回復し、その後5年間位は摂取量を調整しながら引き続き投与を続けて状態も安定しておりました。

ヘルニアのことを忘れかけたちょうどその頃、私が留守にすることが多くなり、うっかりイスを引いたままにして、そこからジャンプダウンをしてしまった様で、散歩の時に前足をカックンカックンさせる事が多くなったり、コケるのが多くなってしまったのですが、その時は足の裏が歳と共に弱くなったのだと思い、2ヶ月位やりすごしてしまいました。

そうして2ヶ月程様子を見ていたところ、今度はびっこを引くだけではなくナックリングを起こすようになりました。すぐにケージに入れ安静を保ったのですが、ケージに1日中入れられたのがストレスとなり、腹水が溜まったみたいになり、点滴をしてもらおうと病院に連れて行ったのですが、獣医は手術をした方が良いと云ってきました。

13才という高齢と全身麻痺のリスクを考えると、すぐには手術をすべきなのか判断はできないと云うことを先生に伝え、まずは投薬のみの治療で、帰りにすぐに薬を飲ませましたが、ひどい副作用で血便、下痢と粘膜状の物まで出てしまいました。普段、下痢などしたことがないのでびっくりしました。

そして、その後、大食漢でいつも腹ペコ状態?なほど食べるのが大好きな子が、一番大好きなササミ一口でさえ口にしなくなり、水も一切飲まなくなってしまったので、翌日から、病院の薬は一切止めて(年末で病院と連絡も取れなかったので)トリプレットを6粒に天彌を朝8滴、昼8滴、夜8滴飲ませはじめました。

既にほぼ歩けなくなっており、2〜3歩歩いても前足が悪い為バタンところんでしまい、自力で立てなかったのがトリプレットを4粒から6粒にして天彌も1日24滴食べさせたら、3日でヨロヨロはしていましたが歩けるようになり、1週間でナックリングが8割方なくなりびっくりしました!!と云うか、歳をとってからの再発なので、もしかしたら歩けなくなるのでは?と不安でいっぱいだったのです。
なにしろ、今まで1番悪い状態でしたし…パソコンで、車イスを探していた位でしたので、本当、夢を見ているようです。

完全に良くなるまでには4カ月位はかかったかと思いますが、歳も歳だし、(少し良くなるとつい無理をさせてしまったりして)良くなってきてもトリプレットを減らすと未だ適量ではなかった様でアスファルトを少し長く歩くとびっこを引くようになり、又、トリプレットを増やすと調子が良くなり、という感じでした。
最初にトリプレットAを増量し、回復した頃から調子が良いときは家の中でオモチャをくわえ、元気に走り回っていました。でも、今でもアスファルトを長く歩くのは苦手な様です。

ついこの間ですが、天彌を止めてみたところ、1ヶ月程して目のすぐ下が腫れて病院に行ったら、『歯茎にばい菌が入って目の近くのところに膿がたまってしまったのだろう』と云われ、『根本治療は抜糸だが高齢なので薬で様子を見るとしよう、しかし、すぐには腫れは引きませんからネ』、と先生に云われ抗生物質を10日分処方していただいたのです。
しかし、いざ薬を飲ませる夜の時間になってから、飲ませ方でちょっと不明な点があったので、翌日確認してからにしようと思い、その日は薬は飲ませませんでした。

しかし、そのまま何もせずにいるのも不安な気持ちになってきて、‘菌を殺すのだから、やはり天彌を最初に飲んだ方が良いのでは’と思い、深夜12:00すぎに8滴飲ませてみました。

翌朝、9時に病院の薬の飲み方の問い合わせをして、愛犬の顔を見たら、なんと!!なんと!ななナント!!!!!ボクサーがパンチをくらったように腫れ上がっていたほほの膨らみが全くなくなって、腫れがすっかり引いているではありませんか!!
本当にキツネにつままれていると云うか、宝くじ1億円が当たったというか????信じられない事ばかり。だって昨日獣医さんに『抗生物質を飲んでもすぐには腫れひきませんけど、慌てないで下さい。10日間、薬を飲んでも腫れがひかなかったら又連れてきて下さい!!』と云われたばかりでしたから……再再再発したヘルニアといい、今のところ日常生活に全く支障ないばかりか、更にバージョンアップして元気に過ごしています。

顔の腫れも、あれから2ヶ月経ちますが全く腫れる事はありません。食欲旺盛!今日もオモチャを咥えて走りまわり、元気な13才のおじいちゃんです。
お家に居ながら犬ちゃんのストレス無しで元気になれるサプリ。主人も目を丸くして奇跡のような目の前の出来事に驚いています。イヤ〜何より私が1番身近で体験したので、驚きと喜びを味わっております。物云えぬ子達ですから、痛くても辛くても……

本当にうれしい、諦めないで良かったです。
ありがとうございました。

お客様の声一覧へ <<BACKNEXT>>

  • 体験談は飼い主さま個人の感想のご紹介であり、製品の成果をお約束するものではありません。
  • ご紹介の製品は医薬品ではなく、健康食品、又は外用のお手入れ用製品となります。
このページのTOPへ
目やにが多い。涙やけが気になる。 耳の汚れ・痒み・耳ダニ。 脱毛しているところがある。 椎間板ヘルニア 股関節形成不全 お尻を痒がる。下痢をしやすい。肛門膿。 歯茎の腫れ、口臭 ストレス 足を引きずる 膝がカクンカクンする ひじの痛み 腹部の湿疹・赤み・脱毛 手や足をしきりに舐める・噛む