HOME > お客様の声一覧 > お客様の声

体験談50連発(2005)

100通余り寄せられた体験談の中から50選を一挙公開!

体験談 Vol.4 

竹内由美子様(千葉県)

愛犬名

  • ロッキー(5才)

    雑種(ポメ・シーズ) 体重:5.2kg 性別:オス

ご愛用商品

キト・ケア

ご使用前の状況

発疹、目やに、耳が汚れて臭い

ex50_4_1.jpg ロッキーちゃん ペットホテルより戻ってからしっぽとつけ根の上に発疹が出て薬とシャンプーで治療をしていたのですがなかなか良くならなくて困っていました。
何か良い物はないかといぬのきもちを見てキト・ケアに出合いました。 早速、使わせてもらい発疹に目やに、耳の汚れ、餌に使ってみて少しずつ良くなりその後は病院に行く事がなくなりました。
大変助かりました。
知り合いの愛犬も発疹が出てかゆがっていましたので分けて上げたところ病院に行かずに治ったそうですキト・ケアはすごいですね。 ありがとうございました。 。

体験談 Vol.5 

松田知様(沖縄県)

愛犬名

  • クイン(2才)

    ニューファンドランド 体重:60kg 性別:メス

ご愛用商品

グルコサミン350

ご使用前の状況

重度の股関節形成不全

ex50_5_1.jpg クインちゃん 症状がピークの頃 ex50_5_2.jpg 症状が軽くなり元気に ex50_5_3.jpg 最近のクインちゃん 生後6ヶ月ぐらいから起き上がる時に時間がかかり、後肢のハコウも発生。痛みもあるようであまり動こうとしませんでした。その後階段などの上り下りも出来なくなりました。 病院でレントゲンなどの検査をしたところ、重度の股関節形成不全と診断されました。このままでは時間と共に歩行障害なども発生してくると思われ手術も視野にいれ 今後検討していくことに・・・

生後7ヶ月時に股関節形成不全の権威である横浜の獣医さんに診断をお願いしました。結果は同じく重度の股関節形成不全。手術しても回復は難しいとの見解でした。ニューファンなどの超大型犬の場合は手術時、筋肉も切断しなければならない股関節の手術を行なうと筋肉のリハビリにも時間がかかり経過がかなり良好でないと歩行すら困難になる可能性が高いと言われ当時唯一の望みであった手術による回復の道も閉ざされました。この当時の症状は大型犬であるニューファンが歩幅20cmぐらいでトボトボと歩き小さな段差も登れず段差の前で途方に暮れていました。このときの悲しそうな顔は今も忘れる事が出来ません。

そんな時、インターネットでこの疾患の事を色々と調べている時に、このグルコサミン350に出会いました。たかがサプリメント・・・手術する事も出来ないほど重度の症状を緩和できるはずはないと思いながら気休めでもいいと思い、使ってみることに、最初は当時25kgほどの体重に朝昼晩7錠ずつの1日21錠を投与していました。最初の1ヶ月はなんの変化も無くただ過ぎていきました。500錠入りを購入していましたがすぐになくなり次の注文をしなければなりませんでした。まだたいした効果も出ていないし注文にも躊躇しましたが、サプリメントは短期では目に見える効果はないと思い、継続してみることに。2ヶ月目には歩幅が広くなり3ヶ月目には小さな段差は登れるようになりました。
4ヶ月目には一緒に暮らしているイングリッシュコッカーと走り回り遊ぶ事が出来るようになり2歳を過ぎた現在は体重も60k、階段も自分で登れるようになりました。

日常生活には全く問題ないレベルまで回復し、他の犬達とプロレスをして遊べるようになりました。もちろん、骨が出来てきたわけではありませんのでレントゲンで見る分には股関節形成不全ですが股関節部分の軟骨がクッションになり筋肉も発達し不具合を起こしていた股関節部分を助けているようです。

仕事柄、たくさんの犬達を見る機会が多いのですが股関節形成不全の子を 見るたびグルコサミン350をお勧めしています。 今、嬉しそうに遊びまわる愛犬を見ているとあの時がウソのようです。 。

体験談 Vol.6 

阿部圭介様(三重県)

愛犬名

  • 太郎(3才5ヶ月)

    MIX 体重:11kg 性別:

ご愛用商品

グルコサミン350
キト・ケア

ご使用前の状況

アレルギー性皮膚炎
1件目の病院:ステロイドの投薬→副作用が出る
2件目の病院:ステロイドを減らしながら抗ヒスタミン剤の投薬と処方食

ex50_6_1.jpg 太郎ちゃん 太郎は4月頃から鼻の横の毛が抜け始め、5月末にはすっかり毛も抜け落ち、目や口の周りも皮膚が見えていました。かゆいらしく、昼も夜もかきむしってしまい赤く腫れ上がり、とてもかわいそうでした。病院ではアレルギー性皮膚炎との診断で、ステロイド剤を投与していただいた所、強い副作用が出て使用をやめ、思い切って病院を変えました。次の病院は信頼のおける獣医さんでよかったのですが、抗ヒスタミンなどの薬代と処方食で治療費が高額だったのと、3ヶ月経っても効果が見られず「一生アレルギーは治らないし、薬も飲み続けなければならない」と言われ、金銭的にも参っていました。そんなとき犬の専門誌でキトケアのことを知り、半信半疑で購入してみました。最初は薬と併用し、1回に4、5プッシュしていたのですが3週間くらいであまり変化がないので不安になり、相談員の方へメールしてみました。すると抗アレルギー剤を少しづつ減らしながら逆にキトケアの量を1回に10プッシュに増やして様子を見るようにアドバイスを受けました。途中、右目から目やにが出たりしましたが、薬を止めてキトケアのみにしてさらにプッシュ数を増やしたところ、4日目には不思議なことに薬を飲んでいたときより痒みが治まっているのに気づきました。さらに10日目くらいには、太郎の目、鼻のまわりの皮膚が赤くなっていたのが治まり、抜けていた毛も少し増えてきました。その後は日増しに状態が良くなって、4ヶ月前のことがウソのように綺麗に毛も生えてきて、家族や知人も驚きと喜びでいっぱいでした。半年以上たった今ではアレルギーの気配など全くなく、とてもきれいな毛並みをしているので、『どうしてこんなにやわらかいフワフワの毛なの?』とよく聞かれます!アレルギー用のフードを食べていたのに、今は何でも食べて元気にしています。あのときキトケアに出会わなければ今頃どんな風だっただろうと思うと、本当に感謝しています。親身に相談にのって頂き、何度も丁寧に説明やアドバイスを下さった、三戸さん、有難うございました。あのときのアドバイスがなかったら今の太郎(良い状態の)はなかったと思います。今後も太郎の健康維持のために愛用させて頂きます。

チェックリスト お友達ご紹介制度 グルコサミン350ご愛用犬種ランキング
  • 体験談は飼い主さま個人の感想のご紹介であり、製品の成果をお約束するものではありません。
  • ご紹介の製品は医薬品ではなく、健康食品、又は外用のお手入れ用製品となります。
このページのTOPへ
目やにが多い。涙やけが気になる。 耳の汚れ・痒み・耳ダニ。 脱毛しているところがある。 椎間板ヘルニア 股関節形成不全 お尻を痒がる。下痢をしやすい。肛門膿。 歯茎の腫れ、口臭 ストレス 足を引きずる 膝がカクンカクンする ひじの痛み 腹部の湿疹・赤み・脱毛 手や足をしきりに舐める・噛む