藁をもつかむ思いでグルコサミンを与え三ヶ月。歩行困難だった柴犬がジャンプまで出来るように!

森 ゆみ子 様 (福岡県) 愛犬・愛猫名
フォーリス (15才4ヶ月)
柴犬体重:10kg性別:メス
ご愛用商品グルコサミン350
ご使用前の状況右・左の後足、膝、関節痛で歩行困難
フォーリスちゃん

昨年8月、15年間診察して頂いている病院へ診察に連れて行く。獣医は加齢から膝・関節が悪くなっています。もし手術しても治るかどうか保証できませんと宣告される。どうすればよいか途方に暮れる。なんとか治らせてあげたい!妻が雑誌か新聞広告で「グルコサミン350、500粒入」 を知る。「グルコサミン350」を飲用すればひょっとすると治るかも…。藁を掴む思いで購入しました。

使用法(目安量)をみると2粒、サプリメントなので多く与えたら治ると思い3粒与えていました。1週間、1ヶ月、2ヶ月経過しても何の変化もなく治る様子もありません。やはり過大広告か?足を引きずりながら哀れでした。3ヶ月経過した頃(12月初旬)ビョンと跳ねる事ができました。「ヤッター!」「継続は力」と言いますが、本当に歩行ができる様になったのです。家族の一員である愛犬(フォーリス)が元気になった事嬉しく思います。フォーリスがいつまでも元気に私達と一緒に暮していきたいので「グルコサミン350」を飲用していきます。

現在1日の飲用量2粒、食事と一緒に与えています。1粒を4分の1にして飲みやすくしてます。

***ライフパークお客様担当より***

私ども、商品には絶対の自信を持っていますが、それでも伝わりきらない事があります。驚くほど早く変化をお感じ頂ける事もあれば、少し時間を要するケースもございます。その場合、まず最低でも3ヶ月は継続して与えてみて欲しいのが正直なところなので、そのようにして頂けて嬉しく思います。柴犬のフォーリスちゃんは長寿なので、まさしく「継続は力」ですね。摂取量もご変化のスピードを早める重要なポイントです。ライフパークでは状態に応じ最適な摂取量をご案内していますのでお気軽にご相談下さい。

関連する体験談

  • 体験談は飼い主さま個人の感想のご紹介であり、製品の成果をお約束するものではありません。
  • ご紹介の製品は医薬品ではなく、健康食品、又は外用のお手入れ用製品となります。
  • 年齢は体験談をいただいた当時の年齢です。
目やにが多い。涙やけが気になる。 耳の汚れ・痒み・耳ダニ。 脱毛しているところがある。 椎間板ヘルニア 股関節形成不全 お尻を痒がる。下痢をしやすい。肛門膿。 歯茎の腫れ、口臭 ストレス 足を引きずる 膝がカクンカクンする ひじの痛み 腹部の湿疹・赤み・脱毛 手や足をしきりに舐める・噛む