キャッシュレス5%還元
『年末年始大感謝祭』開催中!大特価・10%OFF・クーポン券GETなど盛りだくさん!
2020.1.31まで

椎間板ヘルニア・食物アレルギー(ビーちゃん12才6ヶ月)

廣瀬 絵理 様 (山口県) 愛犬・愛猫名
ビー (12才6ヶ月)
ビーグル体重:8kg性別:メス
ご愛用商品グルコサミン350
キト・ケア
ご使用前の状況椎間板ヘルニア 食物アレルギー
誕生日の写真 子犬の頃のビーちゃん

我が家の愛犬ビーちゃんは、今年12歳のビーグル犬です。

5歳の頃から、顎の下、指のまた、耳、お尻が赤くなり、異常に痒がり、病院に連れて行ったところアレルギーとのことで、それ以来、餌も病院で専用のものを購入して与えています。基本的にはその餌以外の食べ物を与えてはいけないとのことでした。はじめの頃は、その餌と、あとアレルギーがひどくなって痒がるときにステロイドを毎朝1錠飲ませてました。 ステロイドの常用は副作用等もあり、悪いということは分かっているのですが、痒みであちこち噛んで、皮膚が赤くなり毛が抜けているのを見るとかわいそうで、ステロイドが手放せなくなりました。

そのうち、今度は椎間板ヘルニアになり、病院に連れて行ったら、注射と、アレルギーの時と同じステロイドを処方されました。ヘルニアの時は絶対安静とのことでしたが、調子が悪い時はよけいにじっとして寝られなく、常にヨタヨタしながらも動く状態になりました。夜中でも痛みのせいか、一ヶ所で落ち着いて寝るということが出来ず、グルグルとテーブルの周りを回ったり、息が荒くなってよだれが出たり、体全体がぶるぶる震えたり、時折「キャンキャン」と悲鳴をあげます。そういう状態をどうしようもできずただ見ているしかないのも辛いものがありました。

1度ひどい下痢の時、ステロイドを全くやめた事がありましたが、アレルギーがひどくなり、尻尾の毛が抜けて、芯が見えているような状態になりました。1日置きに朝1錠飲ませ、ヘルニアの時は毎日朝晩1錠づつ与えるということになり、ますますステロイドのお世話になることに。もう一生この薬を服用し続けて、痛みや痒みを抑えていくことになるのだろうと思っていました。

それでも何かいい情報はないものかと、インターネットで検索していたところ、偶然ライフパークさんのHPを見つけ、グルコサミンや、キトケアの情報を見つけたのです。 少しでもよくなってくれればと、早速試してみることにしました。

ライフパークさんのアドバイスを参考に、状態が悪いときはステロイドを使いながらグルコサミン、キトケアを通常の量よりかなり多めに与え、症状が少し良くなってきたら今度はステロイドの間隔をあけていき、2ヶ月くらいかかりましたが、なんと薬をやめることができました。何年間もステロイドを服用していたにもかかわらず、リバウンドすることもなく4ヶ月目に入りました。

まだ指の間など、痒い所はあるようですが、毛も随分生えてきて、ステロイドを飲んでいた頃よりも、ずっといい状態になり、本当にびっくりしています。年なので足腰は随分弱ってきていますが、今年に入りヘルニアの痛みはないようで、ホッとしています。

もっと早くグルコサミン350やキトケアに出会っていたらと家族でよく話しています。いつも私たちをなごませてくれる、かわいいビーちゃんに元気で長生きしてほしいなと思っています。そして、ビーちゃんのような症状で悩んでいらっしゃる飼い主さんにぜひこのことを教えてあげたいです。

関連する体験談

  • 体験談は飼い主さま個人の感想のご紹介であり、製品の成果をお約束するものではありません。
  • ご紹介の製品は医薬品ではなく、健康食品、又は外用のお手入れ用製品となります。
目やにが多い。涙やけが気になる。 耳の汚れ・痒み・耳ダニ。 脱毛しているところがある。 椎間板ヘルニア 股関節形成不全 お尻を痒がる。下痢をしやすい。肛門膿。 歯茎の腫れ、口臭 ストレス 足を引きずる 膝がカクンカクンする ひじの痛み 腹部の湿疹・赤み・脱毛 手や足をしきりに舐める・噛む