キャッシュレス5%還元
『年末年始大感謝祭』開催中!大特価・10%OFF・クーポン券GETなど盛りだくさん!
2020.1.31まで

股関節形成不全症、右重度、左中程度。右はほとんど外れており、骨頭切除術を勧められる程でした

古川 真実 様 (京都府) 愛犬・愛猫名
チョロ (2才3ヶ月)
ラブラドールレトリバー体重:34kg性別:オス
ご愛用商品グルコサミン350
ご使用前の状況股関節形成不全症、右重度、左中程度。右はほとんど外れており、骨頭切除術を勧められる程でした
チョロちゃん こんな風にジャンプできるように!

生後8ヶ月頃、散歩に行っても途中で座りこむことが増え、9ヶ月の時、散歩から帰宅すると、右足を上げ、つま先が地面についていないことに気が付きました。近くの動物病院に行くと、「足の裏で何かを踏んだんだろう」ということで、消毒と痛み止めの薬を処方されました。しかし、一週間経っても脚を上げ続け、散歩もすぐに帰ろうとする為、評判のよい動物病院に転院すると、診断名は「股関節形成不全」でした。それも右は重度で、大腿骨の骨頭がカップからほとんどはずれかけており、石灰化し、神経にすれて痛むのだということでした。おまけに、左も中程度の炎症がありました。先天性の可能性が高いのかもしれませんが、それまでの飼育暦を反省し、何が悪かったんだろうと自責の毎日でした。病院で骨頭切除術を勧められました。当時まだ28kgということで、ギリギリの体重、これ以上増えると全置換術ということでした。一旦は手術を決めたのですが、手術の誓約書に「命の保証はできない」という内容の項目があり、手術前日にキャンセル。その翌週、近所で同じ黒ラブを飼っていらっしゃる知人に出会い、グルコサミン350を教えてもらい、パソコンのホームページを読み、わらをもすがる思いで購入しました。

相談担当の方のご指導のもと、最初は12粒飲ませ続けたところ、右足を地面に常に着けているようになり、散歩のしかた(時間や坂などの経路)まで教えていただいて、実行しているうち、約2ヶ月で後足だけで立って、いたずらをするまでに回復。その後、徐々に飲む粒の量を減らし、今は標準量で毎日元気にいたずら三昧。膝の悪い主人が、チョロに見習ってグルコサミン(人間用)を飲んでよくなり、週末には仲良く片道4kmの散歩に出かけています。

楽しい毎日を過ごせるようになったのは、グルコサミン350のおかげです。本当にありがとうございました。

  • 体験談は飼い主さま個人の感想のご紹介であり、製品の成果をお約束するものではありません。
  • ご紹介の製品は医薬品ではなく、健康食品、又は外用のお手入れ用製品となります。
目やにが多い。涙やけが気になる。 耳の汚れ・痒み・耳ダニ。 脱毛しているところがある。 椎間板ヘルニア 股関節形成不全 お尻を痒がる。下痢をしやすい。肛門膿。 歯茎の腫れ、口臭 ストレス 足を引きずる 膝がカクンカクンする ひじの痛み 腹部の湿疹・赤み・脱毛 手や足をしきりに舐める・噛む