なんとなく元気がない、そんな気がして病院に連れて行くと結果は胆泥症。毎年の健康診断で、どこも異常を言われたことが無かったのでショックでした。

吉村 様 (大阪府) 愛犬・愛猫名
ミルク (10才1ヶ月)
ポメラニアン体重:3.4kg性別:♀色:パーティーカラー
ご愛用商品プレシャスキトサン
ご使用前の状況胆泥症で2ヶ月に1度通院しています。

ミルクちゃん(左)と同居犬のコタロウちゃん(右)
コタロウちゃんの体験談はこちら

2019年7月のことでした。ミルクが何となく元気が無い、そんな気がして気になり病院に連れて行きました。結果は"胆泥症"とのことで、胆のうの袋いっぱいにドロドロが詰まっていると言われました。毎年の健康診断で、どこも異常を言われたことが無かったのでショックでした。とにかく食生活から変えていこうと、ありとあらゆるサプリなどを試してきました。

調子が悪いのか元気がなかった頃のミルクちゃん

正直、金額が張るだけで良くも悪くもならず現状維持、そんな状態がしばらく続きました。

他に症状といった症状は無いものの、どこか気持ちが悪いのか、ミルクも何かを感じているようで元気の無い日々が過ごしました。

そんな時、思い出したのが三戸さん(※ライフパーク相談員)に以前教えていただいたプレシャスキトサンでした。

朝・夜と、ごはんの上にカプセルから取り出したサプリメントを直接かけて与えていますが、嫌がることなく、すんなり食べてくれています。そんな日々を1週間2週間と過ごしていくうち、ミルクに笑顔が戻ってきたのです。これには私たち家族もビックリしています。

お誕生日に作ってもらったお洋服を着てウキウキ(右)(下)

更に先日、エコー検査に行った際のこと、これまでは先生に"(以前と)変わりませんね"もしくは"以前と比べて(ドロドロが)増えてますね"と言われていたのが、「おぉぉっと!!(ドロドロが)減ってるばかりか、塊も格段に少なくなってますね!」と言われて嬉しくて嬉しくて。

ミルクにあやかりたいと私自身のケアもプレシャスキトサンで始めたところ、卵巣嚢腫と筋腫の痛みがウソのように消失したのです。今後も親子共々お世話になります!三戸さん末永く宜しくお願いします!!

<追記>

こんにちは! いつもお世話になっております。
最近の我が家の近況について、お知らせしようと思います。

★ミルク★
お陰様でプレシャスキトサンを飲み始めてから調子がすこぶる良いです。
先日、春の健康診断ではエコーに映るドロドロが、以前より増して少なくなっていると嬉しいお言葉を頂きました。また以前であると、ごはん欲しくない。という日も、ちらほらあったのですが、最近は底無しの腹といった感じで、コタロウの分まで自分のものにしようとする勢いです。また写真お送りしますね。

★コタロウ★
良くなっては、またぶり返すカイカイ。特に肩の辺りが赤くなることが多く遊んでいてもカイカイ…食べていてもカイカイ…。そんな時、三戸さんにプレシャスキトサンを増やしてみるというご提案を頂きました。増やしてみると3日、明らかに赤みが消えカイカイする頻度が減りました。最近では朝・夜に1cupずつ飲まなきゃいけないんだと自身でも理解してるようで、私が入れ忘れに気付くのはコタロウのお陰です。

★飼い主★
これは、たまたまか否か判らなかったので書こうか迷ったのですが、先月末にギックリ腰になりました。動けず何をしても痛い。本当に辛かったです。

実は過去に何度かなっているのですが、完治するまで1ヶ月はかかっていました。

食欲もそぞろの中、忘れずにプレシャスキトサンだけは、藁にもすがる想いで飲むこと3日。痛いのは痛いのですが、毎回の痛みとは違い動くことが出来たのです。どの成分がどう作用したのかと頭では冷静に思いつつも、三戸さんに連絡する余裕は無く現在に至ります。

今でも3日目の朝の感覚は忘れることが出来ません。ちなみに他の自身でやってきたことは今までと変わりません。変わったのはプレシャスキトサンを飲み始めたことくらい。やはりこれが良かったのでしょうか。整骨院の先生にも驚かれました。

今後も親子で飲み続けてゆきたいと思います。

三戸さん・皆様も今後とも宜しくお願い致します!!

関連する体験談

  • 体験談は飼い主さま個人の感想のご紹介であり、製品の成果をお約束するものではありません。
  • ご紹介の製品は医薬品ではなく、健康食品、又は外用のお手入れ用製品となります。
  • 年齢は体験談をいただいた当時の年齢です。
目やにが多い。涙やけが気になる。 耳の汚れ・痒み・耳ダニ。 脱毛しているところがある。 椎間板ヘルニア 股関節形成不全 お尻を痒がる。下痢をしやすい。肛門膿。 歯茎の腫れ、口臭 ストレス 足を引きずる 膝がカクンカクンする ひじの痛み 腹部の湿疹・赤み・脱毛 手や足をしきりに舐める・噛む